プログラム



企画プログラム(予定)

12月15日(金)

特別講演14:20~15:20

「音声と表情が伝えるもの:コミュニケーション信号の進化」
立石 雅子(目白大学 保健医療学部 言語聴覚学科)
岡ノ谷 一夫(東京大学大学院 総合文化研究科 認知行動科学講座)

基調講演9:00~9:30

「わかりあうを科学する」
三村  (慶義塾大学 医学部 精神・神経科学教室)
立石 雅子(目白大学 保健医療学部 言語聴覚学科)

教育講演15:30~16:30

「共感の理論と脳内メカニズム」
村井 俊哉(京都大学医学部付属病院 精神科神経科)
梅田  聡(慶義塾大学 文学部 心理学研究室)

シンポジウム9:40~11:30

「地域における失語症支援」
立石 雅子(目白大学 保健医療学部 言語聴覚学科)
深浦 順一(国際医療福祉大学大学院 保健医療学専攻 言語聴覚分野)
シンポジスト
「失語症者の自動車運転再開支援リハビリテーション」
佐藤 卓也(新潟リハビリテーション病院 言語聴覚科)
「失語のある人向け意思疎通支援者の養成と派遣」
竹中 啓介(我孫子市障害者福祉センター)
「失語のある人に対する意思疎通支援における最近の動き」
時末 大揮(内閣府 子ども・子育て本部)
「患者会の支援について地域職能団体の果たす役割~山梨県言語聴覚士会の取り組み~」
内山 量史(一般社団法人山梨県言語聴覚士会)

シンポジウム16:40~18:00

「失語症とコミュニケーション」
船山 道隆(足利赤十字病院 神経精神科)
春原 則子(目白大学 保健医療学部 言語聴覚学科)
シンポジスト
「失語がある人の会話の分析」
吉田 敬(愛知淑徳大学 健康医療科学部 医療貢献学科 言語聴覚学専攻)
「失語なのか非失語なのか-失語症の人へのアプローチとてんかんのある人へのアプローチ」
廣實 真弓(帝京平成大学 健康メディカル学部 言語聴覚学科)
「失語症がある人のコミュニケーション力を高めるために」
吉畑 博代(上智大学 言語科学研究科 言語学専攻)

12月16日(土)

教育講演11:10~12:10

「わかりあう難しさの脳基盤とオキシトシンによるその治療の試み」
岩田  誠(メディカルクリニック柿の木坂)
山末 英典(浜松医科大学 精神医学講座)

シンポジウム9:00~11:00

「日本語話者における発達性ディスレクシア(発達性読み書き障害)」
宇野  彰(筑波大学 人間系)
春原 則子(目白大学 保健医療学部 言語聴覚学科)
シンポジスト
「背景となる認知障害」
宇野  彰(筑波大学 人間系)
「小児における脳形態の特徴」
橋本 照男(東北大学加齢医学研究所 認知機能発達寄附研究部門)
「脳の機能的異常部位」
樋口 大樹(産業技術総合研究所 自動車ヒューマンファクター研究センター)
「発達性読み書き障害のある成人」
三盃 亜美(大阪教育大学 教育学部 特別支援教育講座)
「根拠に基づく指導方法」
春原 則子(目白大学 保健医療学部 言語聴覚学科)

シンポジウム14:20~16:20

「高次脳機能障害の診療における多職種連携」
三村  (慶義塾大学 医学部 精神・神経科学教室)
種村  純(川崎医療福祉大学 医療技術学部 感覚矯正学科)
シンポジスト
「高次脳機能障害の多職種連携における言語聴覚士の役割」
森田 秋子(鵜飼リハビリテーション病院)
「作業療法士の立場から」
早川 裕子(横浜市立脳卒中・神経脊椎センター)
「臨床心理士の立場から」
山口加代子(横浜市総合リハビリテーションセンター)
「研究員の立場から」
田谷 勝夫(障害者職業総合センター)
「医師の立場からみた多職種連携」
井 靖久(三井記念病院 神経内科)