演題募集

演題登録

募集演題

応募資格

筆頭演者(学術総会当日の発表者)

筆頭演者は、日本高次脳機能障害学会の正会員に限ります。

共同演者
  • 共同演者は、本学会定款第2章第3条の目的(失語症をはじめとする高次脳機能とその障害の研究の発展を図り、関連学会と連絡を保ち、広く知識の交流を求めること)達成に協力し、臨床、研究、教育に携わる方とさせていただきます。
  • 筆頭演者が事情により発表できない場合、学術総会事務局の承認を得たうえで、本学会の正会員である共同演者が代理で発表することができます。

登録にあたっては会員番号の入力が必要になりますので、未入会の方は事前に入会手続きをとってください。入会申込書は、 学会ホームページ よりダウンロードが可能です。必要事項をご記入のうえ、下記まで郵送願います。

入会申込書送付先

一般社団法人日本高次脳機能障害学会 事務局
〒133-0052
東京都江戸川区東小岩2-24-18 江戸川病院内
03-3673-1557

演題申込みについて

発表形式
発表形式
1 口 演 2 ポスター
カテゴリー
1.方法論
1‒a 生理学的分析・検査法 1‒b 画像診断学(形態画像・機能画像・賦活画像)・病巣局
1‒c 神経心理学的分析・検査法 1‒d 神経心理学的分析・半球優位性
1‒e 心理学的分析・検査法 1‒f その他
2.失語症
2‒a 失語症 病型 2‒b 構音障害・アナルトリー
2‒c 錯語・ジャルゴン 2‒d 言語学的分析・音韻論
2‒e 意味論 2‒f 統語論
2‒g 検査法・その他 2‒h 失読
2‒i 失書 2‒j 治療
2‒k 経過、職業復帰、QOL 2‒l その他
3.失語症以外の局所病変に伴う症状
3‒a 行為・動作の障害 3‒b 構成障害
3‒c 視覚性失認 3‒d 半側空間無視
3‒e 半側空間無視以外の視空間認知障害 3‒f 身体図式
3‒g その他の右半球症状 3‒h 聴覚性失認
3‒i 病態失認 3‒j 脳梁症状
3‒k その他
4.全般的症状
4‒a 記憶障害・エピソード記憶 4‒b 記憶障害・意味記憶
4‒c 記憶障害・手続き記憶 4‒d 注意障害
4‒e 情動障害 4‒f 遂行機能障害
4‒g その他の前頭葉症状 4‒h 神経変性疾患(認知症・それ以外)
4‒i 外傷性脳損傷 4‒j 精神疾患
4‒k 発達障害 4‒l 精神症状
4‒m 認知リハビリテーション(職業復帰・QOL含む) 4‒n その他
5.その他

応募方法

1. 演題登録

大学病院医療情報ネットワーク(UMIN)演題登録システムを使用したオンライン登録のみです。演題登録画面には、本ページ下部 の「演題登録」からお入りください。注意事項などを十分お読みいただいた上でご登録ください。

2. 登録項目

演題登録画面の指示に従って、筆頭演者名、会員番号、共同演者名、所属機関名、連絡先の電子メールアドレス、希望する発表形式(口演・ポスター)、希望のカテゴリー、演題名、抄録本文などの必要項目をすべて入力してください。

演題登録後しばらくして、入力していただいた電子メールアドレス宛に登録番号、演題受理通知が送信されます。演題受理通知が届かない場合は、演題登録が完了していないか、登録した電子メールアドレスに誤りがあった可能性がありますので、運営事務局まで電子メールでお問い合わせください。

運営事務局連絡先

第41回日本高次脳機能障害学会学術総会運営事務局
ヒビノメディアテクニカル株式会社
jshbd41@media-t.co.jp

3. 採択通知

9月中旬ごろにメールにてご連絡いたします。

演題の採否、発表形式(口演、ポスター)、発表会場、発表時間については、会長にご一任ください。

4. 登録演題の修正と削除

ログイン後の画面に登録された演題情報がリスト表示されますので「修正」「削除」ボタンをクリックしてください。

修正は、編集画面上で行い、画面の指示に従い更新ボタンをクリックすると修正は完了です。

演題の削除については、一度行うと復元することは出来ませんので、複数の演題を登録されている方は、削除する前に十分確認してから削除を行って下さい。

不明な点がございましたら、
オンライン演題登録システムFAQ( http://www.umin.ac.jp/endai/userfaq.htm)をご確認いただいた上で、運営事務局(jshbd41@media-t.co.jp)までご連絡ください。
【演者・所属】
  • 筆頭演者は必ず発表者としてください。
  • ご登録いただいた通りに抄録に記載されます。
  • 登録可能演者数(筆頭演者+共同演者) 12名まで
  • 登録可能所属施設数 12施設まで
【演題名】
  • 全角50文字以内
【抄録本文】
  • 抄録の本文全角800文字
  • 総文字数(演者名・所属・演題名・抄録本文の合計)全角850文字
  • 半角英数字の場合は2文字で全角1文字となります。
  • 制限文字数を超えると登録できません。
  • 図表の使用はできません。
【会員番号】
  • 学会誌「高次脳機能研究」をお届けした封筒に貼られているラベルに記載されています。
  • ご不明の方は、学会事務局までお問い合わせください。

会員番号のお問い合わせ先

一般社団法人日本高次脳機能障害学会 事務局
〒133-0052
東京都江戸川区東小岩2-24-18 江戸川病院内
03-3673-1557   03-3673-1512
office@higherbrain.or.jp
【抄録の著作権について】

下記の作業を行わせていただくにあたり、ご登録いただいた抄録の著作権は、一般社団法人日本高次脳機能障害学会に帰属するものとさせていただきます。ご了承いただけますようお願いいたします。

なお、共同演者がおられる場合は、お手数をおかけいたしますが筆頭演者から共同演者にこの旨をお伝えいただけますようお願いいたします。

  • 事前抄録を「第41回日本高次脳機能障害学会学術総会プログラム・講演抄録」に掲載いたします。
  • 事後抄録を学会誌「高次脳機能研究」第38巻第1号(2018年3月号)に掲載し、それから約1年後にJ‒STAGE()にて公開させていただく予定です。

本学会では、高次脳機能とその障害の研究の発展を図ることを目的として、学会会員のみならず多くの研究者に広く情報を提供するため、発刊後1年を経た機関誌に掲載の論文ならびに講演抄録をインターネット上の(独)科学技術振興機構のJ‒STAGEにて一般無償公開させていただいております。

趣旨をお汲み取りいただき、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

抄録の著作権に関するお問い合わせ先

一般社団法人日本高次脳機能障害学会 事務局
〒133-0052
東京都江戸川区東小岩2-24-18 江戸川病院内
03-3673-1557   03-3673-1512
office@higherbrain.or.jp
【注意事項】
  • 応募期間の厳守をお願いいたします。締切当日はアクセスが集中し、演題登録に支障をきたすことが考えられますので、余裕をもって登録を行ってください。期間を過ぎますと演題登録画面での登録及び変更はできなくなります。
  • 応募者自身が間違えて入力した内容につきましては、事務局では一切責任を負いません。登録ボタンを押す前に、必ず内容に間違いがないかどうかをご確認ください。
  • 暗号通信のご利用をお勧めいたします。
  • 平文通信では、情報の通り道でデータの盗聴や改ざんの可能性があります。 一方、暗号通信ではデータが暗号化されているため、安全に送受信が可能です。 平文通信は、施設やプロバイダーなどの設定や環境に問題があり、暗号通信が使えない場合に限ってご利用ください。

  • オンライン登録システムでは、InternetExplorer【Ver9以降】, Safari, FireFox, GoogleChrome,Microsoft Edge以外のブラウザでは登録できません。それ以外のブラウザはご利用ならないようお願いいたします。(各ブラウザは最新バージョンを推奨いたします。)
    タブレットやスマートフォンには対応してません。
  • ログインIDとパスワード
  • 最初に演題を登録する際には、アカウント情報の登録を行います。任意のパスワードを設定していただきます。このパスワードと登録の際にご自身で設定されたログインIDがなければ、演題の登録、確認、修正、削除はできません。ログインIDとパスワードは忘れないように管理いただきますようお願いいたします。
    尚、セキュリティーを維持するため、パスワードは暗号化処理を行いますので、事務局でも個々のパスワードを掌握できません。その為、パスワードに関してのお問合わせをいただいてもお応えできません。発行されたログインIDとパスワードは、必ずメモするなどして自己管理をしてください。また、第三者への漏えいには十分注意してください。

  • 登録演題の確認・閲覧
  • 演題募集期間中は、ログイン後の画面より登録した演題を選択して「修正」「閲覧」「削除」それぞれのボタンより一度登録した演題を何度でも確認・修正することが可能です。

演題発表における倫理的配慮および利益相反(Conflict of Interest:COI)の開示について

ご発表に際しては,倫理的観点に十分ご配慮ください。COI の開示対象は筆頭演者のみとし,当該発表に関わる利益相反の有無を申告いただきます。すなわち筆頭演者は、利益相反の有り無しのいずれにおいても、ご発表の際に開示していただきます。この点についてご了承の上、演題登録を行ってください。開示方法については、下記の「倫理的配慮および利益相反の開示について」よりご確認ください。

なお、利益相反の有無やその開示内容が問われたり、発表の評価に影響したりすることはありません。

演題登録

SSL暗号化通信(推奨) 平文通信

修正はこちらから

SSL暗号化通信(推奨) 平文通信
※ 修正期間を過ぎると変更できません。
※ 校正はいたしません。ご了承ください。

演題登録についてのお問い合わせ先

【第41回日本高次脳機能障害学会学術総会運営事務局】
ヒビノメディアテクニカル株式会社
担当:鏡・中世古
〒135-0016 東京都江東区東陽3-23-9
jshbd41@media-t.co.jp
03-5677-1922  03-5677-1925